DMIの働き

国際ろう者支援協会(DMI)の働きは、アジア、アフリカ、中近東など20カ国以上に及びます。ろう者にイエス・キリストの愛を伝え、彼らが神の目にどれほど高価で価値あるものであるかを彼ら自身が気づき、知ることをビジョンに掲げています。

その実現に向けて、DMIはろう者にその地域の手話を教え、学校教育、職業訓練、農業実践、聖書学院やキャンプを提供し、人を育てています。

Kenya classroom

学校教育

孤立しがちで、地域によっては手話もできないろうの子どもたちに心身のケアを基に必要な教育を受けられるように学校を設立し、運営しています。寮を併設し、衣食住を確保し、ろうの学生が手話で自由にコミュニケーションをとり、楽しく学び、過ごせる場所を提供しています。

心のケア

ろう学校のチャプレンや学校近くの教会の牧師が子どもたちの心をケアしています。ろう者たちは歌うことが好きで、声ではなく、手で歌い、体で表現します。

New Hope Denis Cana welding training

自立への備え

ろうの学生たちが自立していけるように職業訓練しています。就職は難しいのが 現状で、ろう者が起業する際には、無利息でローンを提供しています。

交わりと励まし

ろう者たちのためのキャンプや、三年毎に国際カンファレンスも開催しています。世界中から集まってくるろう者たちと一つになって、神様に向けて賛美し、お互いに自由に交わることによって、大きな励みになっています。