フィリピンの旅の様子

レガスピのホテルへDMIの学校(Fishermen of Christ Learning Center)のジプニーで迎えにきてくれました。学校への道のりは40分かかりました。この数年、私が里親としてサポートしているケビン君に初めて会うことができて嬉しかったです。彼は高校を卒業し、すばらしい若者になるまで、DMIの学校であと1年過ごすそうです。他にもサプライズが用意されていました!以前Annalisaという女の子を在学中にサポートしていたのですが、今は13歳の娘さんの母親となって、私に会いに来てくれました。会えると思っていなかったので驚きましたが、卒業してから立派に生活している姿を見て本当に嬉しかったです。
毎月3000円で、耳が聞こえない若い人々が暖かい、愛のあふれている環境で教育を受けられるのは素晴らしい事だと改めて実感しました。
By マドレ アレイン

DMI日本

場所:レガスピのホテルの前で

DMI フィリピン交流の旅 参加者の方が出発しました

2月18日、関西国際空港よりDMI理事マーシャル夫妻、マドレ夫妻、DMI支援者合わせて8名の方がフィリピンへ向け出発しました。今回の旅には参加できないけれど子供達に渡してほしいと、参加されなかった方からもたくさんの鉛筆やペン、日本のアメちゃんをお預かりし、持参しています。

今日は無事にフィリピン・マニラへ到着し、ネヴィル夫妻とも合流できたと連絡がありました。
実り多き旅となりますよう、お祈りしています。

旅が楽しみでーす!

旅が楽しみでーす!

関西国際空港

チェックインカウンターでの様子

ネヴィル・ミュアーの来日

DMI 国際総主事のネヴィル・ミュアーとリル夫人が来日します。韓国訪問とノルウェーでの国際理事会出席のため日本滞在期間は短いですが、支援者の皆様とお会いして有意義な時を過ごしたいと願っています。下記の集会を予定していますので、どの集いでもまた全てにでもご参加くだされば幸いです。

Continue reading

フィリピンの旅のお知らせ

DMI がどのような働きをしているか、御自身で見てみたいと思われたことはありませんか。支援している子どもに会い、支援している学校を見たいと思われませんか。またご友人もお誘いして、見に行かれないでしょうか。

来年2013 年2 月に、日本の委員会のジャック・マーシャル牧師と恵子夫人、そして秀弘・マドレと私アレインは、6 日間フィリピンに旅する予定です。リガオ、ダバオ、バコロドにあるDMI の学校と教会を訪問することにしていますので、皆様もご一緒されませんか。ほぼのスケジュールは夏号のニュースレターに書かれていますので、ご覧ください。

ジャック・マーシャル牧師による聖書の学びも現地のスタッフや生徒たちを交えて行い、励ましになればと願っています。ネヴィル・ミュアーも現地で私たちを案内する予定です。多くの皆様がご参加くださることを願い、その時を楽しみにしています。DMI の支援者でなくても参加いただけますが、子どもをご支援くださっている方はその子どもに会う良い機会です。興味があれば、ご連絡ください

DMIの30周年記念の特別パンフ

文書は英語ですが、ほとんどは写真ですので、世界中のDMIの活動の様子が分かるでしょう。この8ページのPDFファイルを開いてご覧になるには、画像を クリックしてくださ。1月に、DMI日本のニューズレターの郵送リストに入っている人たちに本物の印刷物と文書の日本語訳を送りますので、希望の方は、住所・氏名をお知らせください。

タグ付けされた